必要なだけのエネルギーで走るのがクルージング・エコノミー

一般的に、今までは排気量が絶対的に小さい車が緤済的だと思われてきた。だが、それは市街地での停淋時間が長い時にはアイドリング燃費が少ないことが効果を上げている。もし、それを走行中に言うのなら排気量ではなく「軽い車」は経済的だということだ。排気量の小さいベーシックカーはサイズも装備も省略されて稚いので結果として燃費を良くする。これは考えてみれば分かるように、自動車の必要左エオルギーは「走行抵抗」に比例する。承ぃ車体を乗せて転がるタイヤの抵抗と、車体やタイヤが受ける牢気の抵抗だ。車体の風を受ける面積が同じで、タイヤの転がり抵抗が同じなら、排気壁や最高出力に関係左く、そのスピードを出すのに必要なエネルギーは同じなのである。だから100m/hで平坦な高速道路を走っている瞬間では4リッターで2トンもあるセルシオでも、3リッターのクラウンでも、2リッターの. ロナでも車体の空気抵抗の差ぐらいしか燃費は変わらない。高速道路でスムーズなドライピングをすると燃費がいいのはそのためである。←ここのサイトからドライビングに関する知識を得ましょう。

DW178_L

One thought on “必要分のエネルギー

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>